空気洗うって、何ぁ~に!

今、空気が危ない?!  
本当だろうか・・・?!
空気を洗い、そして、調える・・・
そんなこと、可能なの?
一度、お読み下さい!!

Main_img

Btn_buy

その前に、

 先ずは、ごらん下さい・・・。





 今や、空気清浄は、欠かせない時代に入りました。だからといって、不必要に空気清浄機をお奨めする話はありません。



 一つの情報としてご覧頂ければ、幸甚です。


 空気清浄と言いましても、


 空気そのものが悪いのではなく、本来、綺麗な空気に良くないものがあることが問題なのです。又、快適な空気環境とは何か? と言う問題なのではないでしょうか? 


 プレミアム生活環境を創造する観点から、よく考えてほしいテーマです。


 もしも、あなたが匠の世界に居られるとしたら・・・


Popup_img01

彫金師として、金属を加工し、アクセサリーやインテリア品などを創作しています。
一日中部屋にこもり、繊細な作業をすることが多く、仕事部屋はストレスがかからないような環境づくりをこころがけていますね。

凛とした空間というか、居心地が良く集中できる場。
職業柄、塵やホコリが舞いやすく、特に空気に敏感になっているのかもしれません。

それと、道具に、素材に、金属のモノを扱う立場上、湿度も気になります。
仕事道具が錆びたり、劣化しない環境も必須。

そんな私にとってクリアフォースZはまさに適役。

専門の空調メーカーとして、清浄力はもちろん、自動で湿度まで制御し、ベストな空間を創造してくれます。

一年中、部屋に置いておけて、常に空気を整え、見守ってくれる安心感がありますね。



又、芸術を紡ぐ世界に居られるならば・・・
Popup_img02

音楽家にとって、湿度はまさに天敵。
特にハープは木材と金属の部分を組み合わせた複雑な構造のため一層気をつけないといけません。

湿度の変化は弦が切れやすくなったり、ピッチが不安定になったり、楽器に悪影響を及ぼしますので、
常に湿度には気を使っています。

これまで、エアコンと除湿機を使って湿度管理をしていましたが、
クリアフォースZなら除湿力はもちろん、自動で湿度を維持してくれるので大助かりです。

また、演奏家はステージに穴をあけられないので体調管理には常に気を配っていますが、
空気清浄機能もついているのでホコリ対策や花粉シーズンにも役立っています。



 又、大切なお子様と共に健やかな生活空間を望んで居られるなら・・・
Popup_img03

私にとっても、赤ちゃんにとっても、空気は毎日吸うものだから。

特に、デリケートな赤ちゃんを抱える親として、よりよい空気環境を望みますね。
ホコリやアレル物質などの空気の汚れはもちろん、カビや菌、不快さなどの湿気の面も悩みの種です。

クリアフォースZは、空気清浄も、湿度調整もできるので、まさに理想的な一台です。

使ってみて改めて感じたのは除湿の重要さ。

置いている部屋とそうでない部屋を行き来すると、その違いに驚きましたし、梅雨時でもより快適に過ごせました。

あと、スイッチを入れれば室温や湿度などを検知し、自動で最適な湿度へとコントロールしてくれるところも便利。

赤ちゃんと一緒に暮らす私にとっては、たいへん心強い存在ですね。


Ttl_01


 一体何が求められるでしょうか?


 次の動画をごらん下さい。 


 どうでしょうか?

 

 今ほど、空気環境について危機感が共有される時代もないでしょう。

 

 実は、

 

 こうした共有感覚は、極めて新しいものです。遡ること、ほんの30年前は、日本の空は、光化学スモッグがやっと下火を見せ始めた頃です。それまでは、いわゆるスモッグ公害のまっただ中でした。


D0252916_0103245

 

 今でこそ、中国からのPM2.5が叫ばれていますが、その当時は、そう言う言葉すらもありませんでした。アメリカで1997年に環境基準として設定された新しい言葉です。当時は、日本も世界でも有数のPM2.5拡散国だったかも知れません。

 

 その証拠に、多くの公害病が問題になってもおりました。

 

 当時のパチンコ店は、モウモウとしたタバコの副流煙で満たされていましたし、禁煙・分煙は問題外でした。

 

 しかし、今はどうでしょう?

 

 どこのパチンコ店も、タバコの煙は見あたりません。強力な業務用の空気清浄機がフル活動している訳です。又、禁煙を標榜する店も多くなりましたし、女性客が急激に増えました。

Englandasmokinglow

 

 又、どこのお店、事務所でもほとんどが『Non Smoke!』あるいは、『あっ、タバコが消えた!』のステッカーが貼られる時代です。喫煙者の居場所すらなくなりました。同時に、日本に青い空が戻ってきました。

 

 PM2.5の問題は残存するにしても、強力な排気ガス規制なども実施され、大きく様変わりを見せています。それだけに、中国のPM2.5が大きく注目を浴びているわけです。

 

 今年は大変寒い冬でした。そして、春は例年にも増して、乾燥の記録的な年でした。と言うより、乾燥は、今、進行中です。

 

 除加湿と言うことが、どれだけ有り難いか? これは経験したものでなければ分かりにくいかも知れません。これまで、冬は加湿器は欠かせません。暖房は、さらに空気を乾燥させるからです。


A4fa46977fffbefaf1fd48b687846d0d

 

 今年は、我が家では、加湿器が退役しました。不要になったからです。常に60%以上の湿度を保つことが出来、お陰で誰もヒドイ風邪の症状に家族は皆無でした。偶然かも知れません。

 

 確かに、肌・のど・唇の乾燥に敏感な細君が何も言わなくなりました。私も実感しています。

 

 つまり、

 

 一歩前進した空気環境が求められる時代の到来を確信しました。

 

 序でに、告白しておきますが、何でHEPAフィルター方式の空気清浄機が我が家にあるか? 

 

 それは理由は簡単です。

 

 2011年3月11日、東日本を襲った大震災による福島原発メルトダウンです。それによる放射能(核種)拡散に対応したためです。


02_5525887859_e1934af238_o

 

 せめてもの対応です。それについては議論があると思うものの、少なくとも、空気の汚染に対する人々の意識は、飛躍的に高まりました。今でこそ、PM2.5に注目が集まっていますが、それよりも危険なのは、放射能核種です。

 しかし、それはさておいて、

 

 全ての環境は大事です。取り分け、空気環境は大切です。水も大切、土も大切、食事も大切ですが、一秒の単位でその大切さを気づかせてくれるのは空気です。空気がなければ、即、人は生きては行けないからです。

 

 又、

 

 悪い空気を吸い込んだら、一秒か、少ない時間で、人間には重大な影響が顕れます。放射能事故は、その事を如実に教えてくれました。あまり大事なかったのは、不幸中の幸いですが、これからも予断を許しません。

 

 PM2.5という名称が、世の中に初めて登場した時、その主たる対象が、ディーゼル車の粒子状物質とタバコの煙でした。その他にもあったのですが、注目を浴びたのはその二つです。

Bun_89035_11_5722z_2gazou


 PM2.5に代表される粒子状物質も重要ですが、細菌やウィルス、ハウスダストや花粉等、問題が山積しています。それにハウスシック症候群の原因化学物質も含まれます。

 

 今、一歩前進の空気が求められてきていると言うことです。

 実際にそうした方の声を聞いてみたいと思います。

Piano_img01

Copy2

「使ってみてまず感じたのは力強さ。わが家ではもともとダイキンの空気清浄機を使っているんですが、パワーも性能もアップしていると実感しました。
外から帰って扉を開けた瞬間、空気が違うなという感じがあるんです」

“クラシック界の貴公子”というイメージがある清塚氏だけに、さぞや繊細に空調管理をしているのではないかと思いきや、「わりとタフなので、結婚するまではあまり気にしたことがなかった」と言う。ただし、ピアノを置く部屋については、違う。
「楽器は木製なので湿気や乾燥を嫌うんです。ピアノの場合、50~60%くらいの湿度が適当だと言われますが、実はこの数値よりも、湿度の変化が少ないことが大切なんです。」             

 

「クリアフォースZ」は、ダイキン最高クラスの性能と、除湿・加湿の全自動湿度コントロールを搭載した、全く新しい空気清浄機。
清塚氏も実感したというパワーは、エアコンにも使用されるヒートポンプ式を除湿に採用することでかなえている。
しかも、これにより、省エネ性との両立も実現している。

 

この機をプレミアムなものにしているのは、湿度の自動コントロール機能だ。
ボタン一つで最適な湿度状態に調整されるのだが、これは言葉でいうほど簡単なことではない。
まず、除湿タンクと加湿タンクの2タンクを搭載し、合理的に配置することでサイズダウンを図った。
また、加湿面でも、機能はそのままで部品の厚みを減らし、収まりやすい配置を追求している。

「大型液晶パネルも見やすいし、誰にでも簡単に使える感じがあります。高機能な機械ですが、人に優しいんですよね」と、清塚氏も使いやすさを強調する。
「例えば、お手入れのために前面パネルを開け閉めしたときの、カシャッとはまる感じもいい。

部品一つひとつに高級感があるし、丁寧に造られていることが分かる。本当に高級なものは見えない部分もきちんとしていますよね。
それは音楽も同じで、目立っている旋律だけでなく、バックで流れるハーモニーにどれくらいこだわりを持てるかで、完成度が違ってくる。
僕もそういうことを大切にしながら演奏しているので、この空気清浄機の見えない部分への配慮やこだわりはとても気に入りました」             

 
PM 2.5などの大気汚染や、花粉、カビといったアレル物質が空気環境を左右し、社会問題にもなっている。

部屋の気密性がアップしていることは冷暖房効率を上げるが、それだけに空気の質や湿度コントロールは別のところでしないといけない。
「子供が生まれてから、空気環境について真剣に考えるようになりました。

PM 2.5なんて僕が子供の頃には話題になってなかったわけですから。
時代に合わせた環境作りはとても大切だし、親の務めだと思います。もちろん、自分の体調管理のためにも」。
アイデアと情熱が注ぎ込まれた本物の一台は、音楽家の心に響いたようだ。

            
清塚信也(きよづか・しんや)さん
1982年東京生まれ。ピアニスト、コンポーザー。5歳よりクラシックピアノの英才教育を受け、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。ドラマ「のだめカン タービレ」、映画『神童』では吹替演奏を担当。年間約120本の演奏活動、CD、TV出演で活躍。映画『さよならドビュッシー』では俳優デビュー。2月に ライブDVD発売予定。
Pet_img01
               

何よりも脱臭機能に納得。部屋に入る時に感じていた違和感も弱まり、「水de脱臭」といった専用モードもあって、大助かりです。

 
 

何よりも脱臭機能に納得。部屋に入る時に感じていた違和感も弱まり、「水de脱臭」といった専用モードもあって、大助かりです。

ティキにとって散歩は日課で、雨の多かった今年はカラダを濡らすことがよくあり、
室内に戻ってきた時のニオイが気になっていました。
ペットを飼っている人ならわかると思いますが、濡れたときのニオイはとても独特で、
これまでも不快に感じることがありました。

でも、クリアフォースZを置いてからは、そんなシーンもずいぶんと減った気がします。
説明書で読んだのですが、
ニオイの元を分解するストリーマの働きによるものかもしれませんね。
また、脱臭力が再生するため、フィルターは交換不要というのもうれしいです。
それから、一番のお気に入りは「水de脱臭」モード。

加湿によりカーテンや壁紙に染み込んだニオイを浮き出させて、
除湿と脱臭で取り除くというのはとてもユニークで、賢いやり方ですね。
今では、外出する時には必ずこのモードを選択。

おかげで、部屋に戻った時には、あの気になる違和感も減った気がします。
このモードを使うと除湿タンクに水が溜まりやすいのですが、
水を捨てる際、しっかりと水で脱臭してくれたんだと、納得していますね。

フィルターに付いたティキの毛を見て、その集塵力を実感。目に見えない細かなホコリもキャッチしてくれてそうで、部屋の空気も清々しく、淀んでいない気がします。

ペットとの暮らしに、ペットの抜け毛はつきもので、日々の床掃除は欠かせません。
ティキがカラダを振るわせた時など、
毛が空中に浮遊しているんだろうな、と何となく気にかかっていました。
クリアフォースZを使い始めて2週間ぐらいで、フィルターを見てみると、
ティキの毛がたくさん付いていたのにはびっくりしましたね。

その時思ったのですが、毛のような割と大きなものでもキャッチできるのなら、
目に見えない細かなホコリはもっとキャッチするんだろうな、と。
そういえば、最近、部屋の空気が清々しく、淀んでいないような気がします。
クリアフォースZは、目に見えないところまでもしっかりと働いて、
空気の質を整えてくれているのだと、感じますね。

仕事をはじめ、ティキの散歩や庭のお手入れ、また暖炉に薪をくべたり、
音楽を聴いたり奏でたり、
絵を描いたりと趣味も多く、お客様が来ることも頻繁な私たちの毎日。
何かと忙しい暮らしの中で、クリアフォースZの多機能さは非常に助かります。 

フィルターを見て、その集塵力にびっくり。こまめに掃除をしていても、犬の毛がいっぱい落ちていたのですね。

ハウスダストやニオイの表示ランプに安心。わかりやすい運転表示や操作性などもうれしい心配りですね。

ハウスダストやニオイの表示ランプに安心。わかりやすい運転表示や操作性などもうれしい心配りですね。

機能性だけでなく、使用感もとてもいいですよね。
モニター表示は見やすく、使いやすく、初めから難なく使えた印象ですよ。
特に、運転の強弱をあらわすランプ色は空気に対してどのようなことをしてくれるのか
見てわかるからとても面白いし、安心できる気がしますね。

使う中で、除湿タンクを何度が換えることがあったのですが、
こうした時もしっかり働いてくれているんだと。湿度機能も高いので、
秋や冬などの乾燥しやすい季節には加湿機能を積極的に使って、
体調管理にも役立てたいですね。

また、庭には草木が多く、春・秋の花粉の季節にも大いに活躍しそう。
ペットのニオイ対策だけでなく、クリアフォースZなら一年中、
いろんな空気の問題に対して助けてくれそうです。
マンション暮らしもしていたことがあるのですが、
気密性の高いマンションの部屋でも存分に活躍してくれそうですね。

 

 

 

気になるホコリや花粉症対策、空気の汚れにも。 空気清浄機能で、体調管理の面でも役立っています。

 

自 宅でレッスンも行っているため、人の出入りが多く、いつもウィルスや菌、ホコリなどが飛び交う環境にありました。
プロの音楽家として活動する中、体調を崩してコンサートを休むなんてこともできません。
特に乾燥や花粉のシーズンになれば、いつもより気を遣っていました。
 
クリアフォースZには空気清浄機能がついているので、何かと気になる空気の不安も和らげてくれます。
毎日の体調管理という点からもクリアフォースZの高い性能は役立っていますね。

 

気になるホコリや花粉症対策、空気の汚れにも。 空気清浄機能で、体調管理の面でも役立っています。

 

機能が充実していて、季節を問わずずっと使える 使い勝手が良くて、価値のある1台だと感じています。

 

機能が充実していて、季節を問わずずっと使える 使い勝手が良くて、価値のある1台だと感じています。

これまでは、空気清浄機と除湿機の2台を併用していましたが、
クリアフォースZはそのどちらの機能も兼ね備えていて、
1台で、除湿、加湿、集塵や脱臭も行ってくれるのでとても助かっています。
当然ながら、空気清浄機と除湿機を2台置くと場所も取りますし、
季節によって出し入れしたり、お手入れをしたりと、何かと手間がかかりますから。

クリアフォースZは、季節を問わずずっと使用できるので、
本当に価値のある1台だと感じています。





 

ホコリやチリ、そしてニオイまで。パワフルな電気集塵と、高い脱臭能力に日々驚かされています。

ホコリやチリ、そしてニオイまで。パワフルな電気集塵と、高い脱臭能力に日々驚かされています。

我が家はリノベーション物件で、壁にペンキを塗ったり、
棚を作ったりと自分たちなりの家づくりを楽しんでいます。
でも気になるのが、その時に舞うチリやホコリ。
これまで使っていた空気清浄機では、

作業した後どうしてもホコリっぽさが消えませんでしたが、
クリアフォースZを使ってみて、その電気集塵のパワーに大変驚かされました。
子どもにとっても、チリやホコリはもちろん、

ハウスダストなどの心配事が緩和される点も気に入いっています。
目に見えないところで活躍してくれている安心感がありますね。
また脱臭能力のすごさも、日々実感。

ペンキを塗った後の臭いもほとんど気になりませんし、
食事の後の臭いや台所の生臭さなどを脱臭してくれて、妻もとても喜んでいます。


子育てに追われる僕たちにとって、自動で湿度をコントロールしてくれる「おまかせ運転」や「ハウスキープ」はうれしい機能。

コンクリートの壁をそのまま活かした部屋ですので、
これまではどうしても湿度が気になっていました。

特に冬場は結露に悩まされていましたが、湿度を見張って
除湿運転も行ってくれる「ハウスキープ」の機能もあって、安心。
やはりこの加湿と除湿が一台でできる点が、一番魅力ですね。
操作や設定も、子どもと遊ぶことに夢中になっていると、
つい忘れてしまいがちなのですが、

「おまかせ運転」にしておくと、いつでも快適。
液晶パネルも大きく見やすいので、
設定のわずらわしさもなくストレスは全く感じません。
あと、ほぼ一日中使用するので電気代も心配でしたが、
必要ない機能は自動で停止する機能もあり、
とても経済的で家計にも助かっています。 

子育てに追われる僕たちにとって、自動で湿度をコントロールしてくれる「おまかせ運転」や「ハウスキープ」はうれしい機能。

毎日の洗濯には大風量の「ランドリー乾燥」が活躍。音も静かで、安心して子どもを寝かしつけられます。


毎日の洗濯には大風量の「ランドリー乾燥」が活躍。音も静かで、安心して子どもを寝かしつけられます。

妻のママ友がよく子どもを連れて遊びにくるのですが、
子どもたちは何にでも興味を示して、すぐにボタンを押したがります。
そんな時のためにチャイルドロックは必須。
安心して子どもたちを遊ばせておけますね。

また、毎日の洗濯にもクリアフォースZは活躍しています。
妻も仕事をしているため、部屋干しすることが多いのですが、
大風量の「ランドリー乾燥」で乾きがいいですし、
生乾きのイヤなニオイも気にならなくなりました。

夜に洗濯物を干しても、「おやすみランドリー」機能を使うと本当に静か。
これまでの空気清浄機は音が大きく、眠れないこともありましたが、
クリアフォースZにして子どもが起きることもほとんどなくなりました。
部屋干しの際は、移動して使うので、
キャスター付きで移動がラクなのもうれしいところですね。

空気のことをすべておまかせできる1台4役は心強い味方。僕たちにとっても、子どもにとっても、ますます心地よい家に。

 

妻 と話していて、よく話題に上るのは、花粉やPM2.5など、部屋の中の空気のこと。
安心して子育てできる空気環境を考えたら、除湿・加湿はもちろん、
集塵・脱臭でも優れた効果を発揮するクリアフォースZの他に、選択肢はありませんでした。

また、これからも心地よい空間を目指して、DIYなど家づくりを楽しみたいと考えています。

そんな僕たちにとって、クリアフォースZは心強い味方。
普段は「おまかせ運転」で快適に、外出の際は「るすばんターボ」で、家に帰るといい空気が待っている。
クリアフォースZにして、ますます家に帰るのが楽しくなりました。

 

空気のことをすべておまかせできる1台4役は心強い味方。僕たちにとっても、子どもにとっても、ますます心地よい家に。

 





プレミアムな空気洗浄機ならではの、満足のいく除湿力。取っ手が付いたタンクも使いやすく、細かいところまでよく考えられていますね。

道 具に、素材に、金属のモノを扱う立場上、常に湿度には気をつけています。
湿気が多いと、金属が錆びたり、劣化の進みも早くなります。

ジメジメした空間では集中力も落ちやすいですしね。
これまではエアコンの除湿運転で対応したりしていましたが、
その働きは満足できるものではありませんでした。

昔ながらの家を作業場にしており、特に湿気が溜まりやすく、
やはり、ちゃんとした除湿はこのようなしっかりした製品に任せるべきですね。
それに、湿度を%で表示してくれたり、タンクに取っ手が付いていたりと、
細かい所まで気配りがされていて大満足です。

 

プレミアムな空気洗浄機ならではの、満足のいく除湿力。取っ手が付いたタンクも使いやすく、細かいところまでよく考えられていますね。

まさに、家具のような存在。一年中、部屋に置けて、あらゆる空気の悩み事を解決する新しいカタチの生活必需品。

 

 

 

まさに、家具のような存在。一年中、部屋に置けて、あらゆる空気の悩み事を解決する新しいカタチの生活必需品。

梅 雨時期には除湿機、乾燥の時期には加湿器、花粉などの時期には空気清浄機と、季節ごとに3台を出し入れして使ってきました。

でも、すべての機能を持つクリアフォースZなら、もうそんな面倒なことをすることもなく、一年中、部屋に置いておけるというのが良いですね。
また、部屋干しに役立つランドリー乾燥をはじめ、便利な運転モードや機能が盛りだくさん。

空気に関する、あらゆる機能を搭載した一台と言ってもいいかもしれませんね。



ニオイの元を分解する脱臭機能はさすが。もう香りでごまかすことなく、嫌なニオイをしっかりと抑えられます。

製 品パンフレットで読んだのですが、

ストリーマという技術によりニオイの元を分解するとい う点には納得。
スタジオのレッスンでは、ニオイも気になる問題の一つでした。
芳香剤や制汗剤などで対応してきましたが、香りでごまかすのは個人的に好きでなく、
また仲間とのレッスンとなると、いろんなニオイが交ざってしまうはめに。

その点、この脱臭機能ならニオイを吸い混み、
その原因を分解してくれるのでまさに理に適っています。
それに、芳香剤みたいに詰め替える必要もなく、
脱臭力が長続きするという点も良いですよね。

 

ニオイの元を分解する脱臭機能はさすが。もう香りでごまかすことなく、嫌なニオイをしっかりと抑えられます。

乾燥には「のど・はだモード」。花粉には「花粉モード」。気になる問題にも、専用の運転でしっかりと対応。


 

乾燥には「のど・はだモード」。花粉には「花粉モード」。気になる問題にも、専用の運転でしっかりと対応。


部屋の構造上、窓が少なく、乾燥しやすい我が家。朝、目覚めると、
肌がピーンと張った状態で、
特に舞台のオーディション前などはナーバスになっていました。

そんな私には、

ちょっと高めの湿度帯にキープしてくれる「のど・はだモード」は本当にうれしいです。
夜になると、切り換えて寝ているのですが、翌朝も何だか水分が保たれているようで、
お肌もしっとりした感じ。発声練習の時にも、
喉の乾燥を気にすることが少なくなり、大変役立っています。

また、花粉シーズンにも悩まされているのですが、
専用のモードがついているのでこれからの時期、活躍してくれそうです。
モードの切り換え操作もわかりやすくて、

使いやすいですし、こうした点も魅力の一つですね。

 

対応次第で、空気は全く違うものに。活動に、美容に、体調管理に、改めて大切さを実感。


正直、空気清浄機を置いても、あまり何も変わらないものだと思っていました。
でも、今ではその考えは180度変わりましたね。

集塵、脱臭、除湿、加湿、すべてが集約された空気清浄機なら、
ボタンを押すだけで、
自動で空気を整えて、最適な状態にしてくれるのですから。

また、キャスターや取っ手付きのタンクなど、
便利で使いやすい機能も見逃せないポイント。
スタジオから自室へ移動したり、タンクの取り替えをしたりと、
毎日のことだから、このあたりもしっかりと考えられているのはうれしいですね。

空気を整えることでこんなにも気持ちよく、
ストレスのかからない毎日が送れるということを、
この1台に教えられたような気がしますね。 

対応次第で、空気は全く違うものに。活動に、美容に、体調管理に、改めて大切さを実感。




 

使ってみて感じたのは、除湿の重要さ。置いてある部屋とそうでない部屋では全く快適さが違い、驚きました。

 

ク リアフォースZを使ってみて、あらためて除湿の重要さを実感しました。
置いてある部屋とそうでない部屋では全く快適さが違い、
これまでよく平気で過ごしていたなと自分でも驚くほどです。

除湿することで、カビの発生も抑えられるし、赤ちゃんの汗疹の心配も減りますしね。
特に、湿気の多い梅雨時には半日に一回くらいのペースでタンクに水が溜まり、
そのパワーの凄さを感じました。

また、哺乳瓶を温めたり、料理をしている時などにもわずかな湿度変化にも反応して、
その性能の高さも目の当たりに。加湿能力も高そうで乾燥シーズンなどにと、
冬場にもますます活躍しそうな気がします。

 

使ってみて感じたのは、除湿の重要さ。置いてある部屋とそうでない部屋では全く快適さが違い、驚きました。

空気清浄も湿度調整もできる、まさに理想的な一台。これからは空気に関することは、クリアフォースZにお任せですね。

空気清浄も湿度調整もできる、まさに理想的な一台。これからは空気に関することは、クリアフォースZにお任せですね。

何よりも助かるのが、ボタン1つ押すだけでその時の空気の状態に合わせ、
自動で最適な空気環境にしてくれること。

空気が汚れていたら集塵運転、湿気が多ければ除湿運転と、
わざわざ自分で切り換えることなく、全て自動で行ってくれます。

育児に、家事に、毎日、忙しい主婦にとって、手間が一つ減るだけで大助かり。
それに、除湿、加湿、集塵、脱臭と、

すべての機能が備わっているのもすごくありがたいですね。

場所もとられませんし、季節によって出し入れすることもなく、一年中使えるというのも便利。
まさに、これからは空気に関することはすべてクリアフォースZにお任せですね。    
                


 

 いつの間にか、空気清浄機の話になっていました。お許し下さい。

 しかし、現代は、空気清浄機無しによりよい生活環境は求められないと言うことも事実です。


 私ごとで恐縮ですが、私が初めて空気清浄機というものを目にしたのは、1987年の事です。電気集塵方式の特許方式だったのですが、電圧差で空気流を起すという面白いものでした。取り込んだ空気から、微粒子を静電吸着して、取り除くというシンプルなものでした。


 見る間にタバコの煙が消えて、部屋が澄んでくるのに驚いた覚えがあります。以来、空気清浄機は欠かしたことがありません。当時のものは、タバコの煙を取り除く事が主眼でした。。


 その時、


 これからは、空気清浄機が三種の神器になることを予感しました。以来、何台の空気清浄機と付き合ってきたでしょう。これは事実です。


 今、数えてみると現在の機種で4機種目です。一機種だけはHEPAフィルター方式で、これは現在も生きています。その他2機種は電気集塵方式で、これらは耐用年数を過ぎて退役しました。
HEPAフィルター方式を導入した経緯は、上記に書きました


 今は、言うのも野暮ですが、ストリーマー方式の凄さです。そして、加湿と除湿の機能は、これからの必需機能だと痛感しました。これは、ある意味、必然の流れだったと思います。





 今では、ほとんどの家に空調が付いています。エアコンのことです。

 
 しかしながら、暖房は冬の乾燥期に一層空気を乾燥させますので、加湿器は不可欠でした。夏は、エアコンを付ければ、除湿効果がありますが、強めれば、冷やし過ぎてしまいます。難しいところです。


 空気清浄の「清浄」と言う意味には、「正常」と言う意味に通じます。

 
 つまり、「正常」に調えると言うことです。その中には、どうしても湿度を欠かすことが出来ません。一歩前進したプレミアムな空気環境というのは、その事を意味しています。

 
 どんなにスゴイ事かと言いますと、冬の乾燥期には、ウォーターユニットには、約3,000cc(3㍑)の水が内蔵されるのですが、一昼夜でなくなります。




 そして、

 低気圧でも来て、空気が湿っていますと、3~4日経ってもなくなりません。

 つまり、


 自動に制御して、常時、60~70%の湿度を保つと言うことは、そう言うことなのです。因みに室面積は約10畳です。


 同じ事が、90~100%の湿度の高い夏場は、逆のことが起こるはずです。


 これって、本当にスゴイ事です。


 乾燥は、すぐに肌に影響します。肌だけではなく、目やのどの粘膜に現れます。風邪を引かなかったのは、多分その影響が大きかったと思っています。


 プレミアムな空気環境ということは、そう言うことです。


Btn_buy



 そして、除湿までも必要ないとお考えの方は、加湿機能だけは不可欠と考えていますので、参考にして下さい。





 動画もごらん下さい。
ハイグレードタイプです。



Btn_buy


 さらに、お手軽なタイプもあります。個室タイプとして最適コンパクトタイプです。





 合わせて動画です。



Btn_buy


 事務所・店舗には大容量タイプが最適です。但し、加湿機能はありません。





 これも動画でどうぞ!


 

Btn_buy


 どんな良いことでも、必要がなければ、無意味です。これは、あくまで情報です。ご購入は、必要を感じ、それが何よりも重要とお考えの方が、経済と相談して検討して下さい。


 決して、無理してご購入頂くことをお願いしているのではありません。


 住居環境が整い、しかし、空気環境が重要だとお考えの方は、ご検討に値します。又、シックハウスなど不安な方には打って付けです。ストリーマー方式は、単に微粒物質を集めるだけではなく、破壊するからです。


 臭いも気にならなくなり、化学合成物質も一網打尽にするからです。


 又、


 既にご案内のように、10年以上、能力を損なうことなく空気清浄に働き続けることを目的に作られた製品は、そんなに多くはありません。


 詳しくは、『空気を洗い、調えるサイトhttp://daikin.sanpouryoutoku.com/index.php?FrontPageにお訪ね頂き、ゆっくりとご検討頂ければ考えております。

※年一回、機種名とモデルチェンジがあります。
ご了承ください。

a:15086 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM