ようこそ!空気を洗い、調える専用サイトです。ダイキン専門取扱です。よろしく・・・!

有毒ガスを抑制ACM75N

有毒ガスを抑制ACM75N

空気中の浮遊物質に付着した有害ガスまで抑制※1

空気中の浮遊物質の表面には、有害なガス状化学物質が付着。

その有害ガスは温度変化や衝撃などにより再飛散することも。

集塵フィルターに捕獲した浮遊物質を、ストリーマが有害ガスごと分解!再飛散も抑制 します!!

ストリーマ照射 ガス状化学物質を抑制※1

試験空間による効果で実使用環境条件とは異なります。

※1(ガス抑制)試験機関:暮らしの科学研究所株式会社 試験方法:ガソリンエンジンから排出させた汚染粉塵において、エンジン運転開始から10分後(粉塵濃度60mg/m³になった時点)に空気清浄機を80分 運転させ、粉塵を吸着。この空気清浄機を200Lの密閉空間で24時間運転し、ガスの分解効果を測定。 試験結果:ストリーマを照射し続けた場合、24時 間後ガス成分を98%抑制。 試験番号:20130622-1試験機:MCK70Pと同等機種(MCK70N)で実施。

パワフル6層構造

花粉や空気のヨゴレをストリーマで分解・除去。※1・2

花粉や空気のヨゴレを分解する6層構造のしくみ

ストリーマ空気清浄機
スタンダードタイプ AC75N

フィルターに捕集したものに効果を発揮します。

1
ストリーマユニット
高速電子を放出。
2
プレフィルター
ホコリをキャッチ。
3
プラズマイオン化部
ホコリや花粉をプラスに
帯電させ次のフィルターへ。
4
静電集塵フィルター
(集塵プリーツフィルター表)
マイナスに帯電したフィルター
でプラスに帯電したホコリや
花粉を吸着。
5
光触媒チタンアパタイト
(集塵プリーツフィルター裏)
光触媒でニオイを抑制。
6
光触媒&脱臭触媒
ホルムアルデヒド※3
ニオイを分解。
  • ※1 測定方式:抗菌試験/カビ除去試験 試験機関:(財)日本食品分析センター 試験番号:第204041635-001号 試験結果99.9%除去。(フィルターに捕獲したものに効果を発揮します)
  • ※2 試験条件:アレル物質に光速ストリーマを照射し、ELISA法/電気泳動法/電子顕微鏡法のいずれかでアレル物質タンパクの分解を確認。(フィルターに捕 獲したものに効果を発揮します)
  • ※3 試験方法:減衰法除去性能試験 試験室:6畳チャンバー(22~24立方メートル) 温度:23±3℃ 湿度:50±20% 換気条件:0回 濃度0.2ppmを常時発生した場合、厚生労働省のガイドライン0.08ppmを維持=36立方メートル/hの除去能力(換気性能18畳相当)



a:634 t:1 y:9

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional