ようこそ!空気を洗い、調える専用サイトです。ダイキン専門取扱です。よろしく・・・!

北京で初めて、スモッグによる大気汚染の最悪レベル発

北京で初めて、スモッグによる大気汚染の最悪レベル発

いやはや、連日の最悪レベルである・・・!
空気が一番大事だ。
矢でも鉄砲でも簡単に死なないが、
空気が汚れると、
汚れた金魚鉢の金魚と同じで、
人間も最終的には死ぬ。

 

こんなことは道理で、中国は一体何をやっているのか?

GDPがどうのこうのではない。

人間がくたばったら、経済も何もあったものではないだろうに・・・・。

 

 

唯物論者というのは、世界が狭い。

目に見える範囲以外に、その価値を認めない。

そして、2項対立でしかモノを見ない。

つまり、勝つか負けるか、よそと比べて、経済規模が大きいか?

だけである。

 

 

そのためにには、すべてを犠牲にするのである。

環境も生活価値も二の次なのだと思われる。

先ずは、電力、生産、そして、活動である。

やがて、

それは、対外進出となる。

 

 

やがて、足元は誰も住まない、住みたくもないガスの渦巻く都市が捨てられる。

そんな有様である。

その一部は、やがて、日本に到達する。

随分薄まっての到達とはなろうが、迷惑な話である。

 

 

この現状が、やがて世界一のGDPに達しようとする中国である。

誰も賞賛はしないだろう。

世界各国から、投資資金を招き、技術を学び(盗み)、工場を誘致し、

やがては言いがかりをつけて没収する国である。

一定の発展はしたが、この有様である。

 

それらの没収工場は、

刷新するはずはないから、この環境が即時に改善されることはない。

刷新しても、儲けにならないからである。

生産性が劣化したら、捨てられるか、廃墟になる。

その日は近い。

 

 

 

何しろ、人間だけは多い。余っているから、少々のことでは、堪えない。

首にすげ替えは出来るし、

寧ろ、外に活路を求め、荒らしに出ていこうとするのが、

唯物論者中国共産党の平和攻勢と言うものである。

平和攻勢というのは、平和を装った侵略主義である。

 

今、PM2.5が周辺国を侵略中である。

 

 

 【転載開始】

アジア
2015年12月07日 21:04(アップデート 2015年12月08日 05:08)

新華社通信の報道によれば、北京市当局は、7日、月曜日の大気汚染レベルが、環境的に最も危険なレベル「赤」の段階に達したことを明らかにした。
 

北京市当局は初めて、大気汚染レベルを「オレンジ」から、最も危険なレベルである「赤」に引き上げた。

レベル「赤」の状況は、火曜日の朝7時から木曜日の12時まで続くものと見られている。

北京では、非常事態局の求めに従って、レベル「赤」が導入された後、幼稚園・小中学校に対し、すべての授業を止めるよう勧告が出されている。

又、あらゆる建設作業も禁止された。企業の中には、作業の短縮あるいは一時停止を指示されたところもある。自家用車の利用も制限されているが、この措置は政府機関の車も対象となっている。

北京当局は、11月29日、大気汚染状況が悪化したとしてレベルを「オレンジ」に引き上げていた。

【転載終了】

 




a:255 t:1 y:0

コメント


認証コード0972

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional